冷蔵庫 送料 安い

冷蔵庫の送料が安いのはこちら@激安運送

冷蔵庫 送料

冷蔵庫 送る費用

冷蔵庫 配送

冷蔵庫 配送料

 

冷蔵庫は大きなものになると100kg近くするので、自力で動かすのはかなり難しいです。
しかも最近の冷蔵庫は20万円前後と高価なため、無理に引きずったり横倒しにして壊れると非常に損失が激しいですね。

 

冷蔵庫を運びたいなら、業者に依頼しましょう。

 

運んでくれそうな業者は便利屋・宅配業者・引越し業者などが考えられます。

 

この中で一番数が多くて費用が安くなる可能性があるのが、引越し業者です。

 

引越し業者も冷蔵庫のみの配送を行っていますので、まずは見積もりを取って最安値を確認してみませんか?

 

冷蔵庫 輸送

 

便利屋はスタッフ1人につき1時間3000円と出張費2000円、車の使用料3000円など時間単位での料金形態です。
近所への配送や家の中での移動にはオススメですが、遠くへ配送するのには向いていません。

 

宅配業者でも冷蔵庫の配送ができるのは家財便のあるところだけです。
扱っているところが少ないので、費用はやや高めに設定されています。

 

郵便局は3辺の合計が1.7m以下で30kgまでしか運べませんので、冷蔵庫を運ぶことはできません。

 

まずはすべての料金を調べて、どこにするのか決めるのが一番安くする方法です。

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

 

 

冷蔵庫をレンタルのトラックで運ぶ

 

引越し レンタルトラック

 

レンタカーのトラックを借りて、自分で冷蔵庫を運べば費用が格安なのでは・・・?
実際はどうなのか、いろいろ試案してみました。

 

まずレンタカーで冷蔵庫を運ぶ場合の条件は@距離が近いこと A人手があることです。

 

まず配送先まで距離がかなりあると、レンタカーで自分で運ぶのは難しいです。
レンタカーでの運搬中に背の高い冷蔵庫が倒れるんじゃないかと思うととても怖くてスピードも出せませんから時間がかかってしまいます。

 

そもそも往復の交通費・ガソリン代がかかるので費用が安く済みません。
借りた営業所と違う営業所に返却することもできますが、結構な額の手数料が発生します。

 

あとは冷蔵庫を運ぶのを手伝ってくれる人が必要です。
冷蔵庫は大きなものだと100kg以上になりますから、1人で動かすことはまずできません。
玄関の段差を超えたり、トラックに載せるのに高く持ち上げないといけないので、できれば男性が2人欲しいところです。

 

レンタカーの配送は安くなるイメージがありますが、実際はどうなのでしょう?

 

トラックの1日レンタル料は【基本料金+燃料代+保険料+その他】で、7000〜10000円くらいです。
これにガソリン代と友達への謝礼・お弁当・お茶代などがかかるのですが、もしこれだけで済むなら安いと言えますね。

 

しかし注意しないといけないことがあります。

 

もしも冷蔵庫を落として壊しても補償がないこと、賃貸物件は壁や床を傷付けたら修繕費が高くなることです。
絶対に無理矢理引きずって動かして、物件を傷付けないようにしてくださいね。

 

レンタカーでの冷蔵庫の配送は近場であればお得ですが、場合によっては引越し業者に依頼するのとさほど変わらない場合もあります。
比較のためにも見積もりを取ってみるといいかと思います。

 

 

繁忙期は引越し業者の費用が高い

 

引越し 繁忙期

 

引越し業者には1年で最も忙しい時期、つまり繁忙期があります。
そして繁忙期は引越し業者の費用が高くなります。

 

宅配業者でも郵便局でも、荷物を送るのに時期で費用が変わることはないのですが、引越し業者は違います。
なぜなら引越し業者の費用は、荷物の量や配送先までの距離、物件のエレベーターの有無、トラック停車の位置などによっても変わるからです。
人それぞれ料金が違うので、料金表を作ることができないのです。

 

引越し業者の繁忙期は3月前後で、この時期は冷蔵庫だけを運ぶのも費用が高くなります。

 

4月の新学期に向けて新社会人や新大学生が新居に引越しをします。
またサラリーマンの転勤なども重なって、3月前後はネコの手も借りたい忙しさなのです。

 

もし可能であれば、繁忙期は避けて冷蔵庫を送るようにしましょう。

 

 

引越しの準備

 

引越し 準備

 

・新居を決めたら、引越し業者に見積もりを依頼する。
新居の住所や物件の状況がわからないと正確な引越し料金がわかりません。
例えばエレベーターありの4階となしの4階では同じ料金では出来ませんので、新居が決まってからすぐに見積もりを取って、一番条件の良い引越し業者をおさえましょう。

 

・荷物の梱包、不用品の処分を行う。
引越し日までに荷物をすこしずつ梱包しておきます。
その時に出る不用品はゴミカレンダーで計画的に捨ててください。
なぜなら引越しの際に荷物が多いとその分の費用が高くなりますから、いらないものは売る、あげる、捨てるなどの方法で処分しましょう。

 

・市外への引越しなら役所に転出届を提出する。(2週間前〜)
健康保険や年金についても役所で聞いておく。
市外への引越しなら「転出届」を提出しましょう。
さらに国民健康保険や年金の届けについても役所で聞いておきましょう。

 

・電気・ガス・水道・通信会社などに引越しする連絡をして、詳細や精算方法などを確認する。
電気などのインフラは引越し日までは使えるようにしておいて、引越し日からは新居で使えるように手配しておきましょう。
新居での手配を忘れて電気がつかない、お湯が出ないなどのトラブルもよく聞きますのでお気をつけください。

 

・郵便局に新居への郵便物転送手続き(届出から1年間有効)
郵便物が新居に届くようにするには引越ししましたハガキを出したり、住所変更の手続きが終わってからになります。
しかし郵便局に転送の手続きをしておくと1年間は新居に届くようにできます。

 

・引越し当日 家具の配置などを決めておく。
引越し日は引越し業者におまかせするとして、どこに何の家具を置くかなど指示が必要です。
前もって家具の配置、ダンボールの置き場所などを紙にかいて整理しておくと引越し当日はスムーズです。

 

・市内引越しなら役所で転居届、市外引越しなら転入届を提出
同一市内なら「転居届」、市外への引越しなら「転居届」を提出しておくことで、選挙ハガキや年金など役所からの郵便物が届きます。

 

・荷解きをする。

 

・免許証・パスポート・保険・カード類などの住所変更手続き
を行う。

役所関係以外でも、免許やパスポート、クレジットカード、銀行カードなどは住所変更の手続きが必要です。
免許証は身分証にもなりますので、必ず行いましょう。

 

 

引越し業者のオプションとは

 

引越し オプション

 

引越し業者の見積もりには、人件費と交通費とオプション費があります。
スタッフにかかる費用が人件費で、トラックやガソリン代が交通費として、オプション費って何でしょう?

 

引越し業者の行っている有料オプションは以下のようなものです。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管
H盗聴器の発見

 

必要な人だけ選んでカスタマイズできるのが、オプションです。

 

エアコンは室外機と配管で繋がれていますから、電気屋さんでないと取り外したり取り付けたりすることが出来ません。
それなのに旧居で1回、新居で1回の計2回も来てもらう必要があるため手配が非常に面倒なんです。
その面倒な手配を引越し業者が代行してくれるのが、エアコン移設のオプションサービスです。

 

ピアノは重くて大きくて、そして高価な楽器です。
運ぶのは一苦労ですし、破損を恐れて扱わない引越し業者もあるほどです。
オプションでピアノの運搬にチェックしてから括見積もりをしておけば、扱いのある引越し業者を選択して見積もりを取ることができます。

 

近年、盗聴や盗撮の危険にさらされています。
盗聴器はコンセントに埋め込まれるなど巧妙化しており、知らないまま何年も過ごしている人もいます。
引越し業者のオプションで、盗聴器を探すサービスをしている引越し業者もあるので心配な方は依頼してください。

 

 

冷蔵庫って横に倒して運んでいいの?

 

フロンガス?オゾンガス?なにそれ?

 

重くて大きい冷蔵庫は引っ越しのやっかいごとナンバーワン!
廃棄処分も面倒だし、新居に持って行くにも一人では運べない。

 

冷蔵庫があるときは、引っ越し業者にお願いするのが1番です。
冷蔵庫の梱包、物件の保護、運びだす技術、そして万が一の時の保険。
いろいろ検討しても引っ越し業者にお願いしたほうがいいです。

 

できれば安くしたいので引っ越し業者にはお願いしたくない!なんて思わないでください。
引っ越し費用をお安くするポイントがいくつかあります。

 

 

引っ越し日時:月末の土日祝日、午前中は引っ越しが集中しますので、それ以外を狙います。逆に引っ越し業者が暇な日に引っ越しすると割引してくれるチャンス!

 

荷物を減らす:引っ越しまでにできるだけ不用品を処分します。とりあえず新居に持って行ってから仕分けようとすると、その分引っ越し代がかさみます。
売れるものは売り、あげるものはあげる、いらないものはゴミとして処分しましょう。

 

引っ越し業者に競争してもらう:引っ越し費用は業者によってかなり差があります。会社で決められている人件費やトラック代などが異なるためです。一括見積もりすることで業者同士が競争し、価格が安くなることがあります。

 

 

また、ダンボールなどのサービス内容も異なりますので、業者を決める時に要チェックです。 

 

ダンボールがあるといいという人も多いのかもしれませんが、それは大体引っ越し業者さんからいただけるので、心配することはないのではないでしょうか。
必ずもらえるというわけではないですが、ほとんど大丈夫なんじゃないでしょうかね。冷蔵庫を運ぶついでに、家財をまるごとはこんでもらうとしても、ちゃんともらえることですから、連絡してみましょう。
冷蔵庫はかなり存在感があるので、プロの仕事を見てみるのもいいのではないでしょうかね。