冷蔵庫 引越し 家賃

引越しの際のダブル家賃を防ぐ

引越し 家賃

 

賃貸から賃貸への引越しの場合、1ヶ月に2ヶ所の家賃が発生することがあります。
これはできれば避けたいですね。

 

多くの人が月末に引越しを希望する理由がここにあります。
家賃が重ならないようにしたいからなのです。

 

さらに土日の引越しを希望する人が多いので、月末の土日は特に予約が多めとなるのです。

 

まずは入居の際に交わした契約書を探して契約条件を確認しましょう。
もし3ヶ月前となっていたら新居が決まってから告知したのでは間に合わないかもしれません。
もしかしたダブル家賃がかかる可能性があります。

 

ですから引越しが決まったら、まず現住所の管理会社に解約予告をしてから新居を探しましょう。
「3カ月後に出ます」と先に予告してその間に新居を探し、引越し希望日を月末ギリギリに契約するのが理想的です。

 

建設中の新居物件を予約するという方法もあります。
まだ建設中なので手付金を支払えば予約ができて、家賃は発生しません。

 

もしくは1カ月フリーレント(家賃がタダ)の物件を探すという方法もあります。
しかしそんな希望の物件がすぐに見つけられるかというと難しいでしょう。

 

現実的な方法は相談です。

 

新居物件の管理会社に相談して、家賃を日割り計算にしてもらえないかなどの交渉をしてみるのです。
オーナーさんも物件を何ヶ月も空部屋にしておくのは嫌なので、じきによっては交渉に応じてくれることもあります。

 

それと駐車場を借りている人は、駐車場の解約予告も忘れないようにしましょう。